takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】フランクリン・プランナーの元ネタ、ベンジャミン・フランクリンはかく語りき『フランクリン自伝』感想。

広告

この記事をシェアする

ベンジャミン・フランクリン

『フランクリン自伝』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

アメリカ合衆国建国の父の一人にして、科学者だったり実業家だったりと

多方面に才能を示した男が自分の人生を振り返った本です。

とはいえ、個人的にこれをセレクトした理由は

フランクリン・プランナーの元ネタの一つだったから

ですね。

フランクリン・プランナーといえば、高級システム手帳の一つであり、

「今年の手帳どうしよう?」という話題に必ずでてくる品物です。

まあスターターキットを買ったものの合わなかったので、

あっさりと使うのを止めましたが。

まあ合わなかったからと言って、元ネタまで否定する事もあるまいと

今回挑みましたが、結論から言うと

「そこまで面白くはない」

ですね。元ネタとして読む部分はすぐ終わりますし。

明治時代には立身出世物語として多くの人が読んだそうですが、

その面からは自分は楽しめませんでした。

個人的には「アメリカ合衆国建国の裏面」の研究材料として読んだ方が

いいんじゃないかなと思います。

 

 

フランクリン・プランナーからベンジャミン・フランクリンに触れる人は、

人生訓などがメインのこちらがおすすめです。

 

www.takanikonikosblog.com

 

↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング