takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】それは”コミュ障”なのか? 印南 敦史『人と会っても疲れないコミュ障のための聴き方・話し方』感想。

広告

この記事をシェアする

印南 敦史

『人と会っても疲れない コミュ障のための聴きか方・話し方』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

僕はこの方法で”コミュ障”から脱出しました!あなたも脱出できます!

もうちょっと詳しく

オフ会にいって3時間近く誰とも喋らなかった俺による、コミュ障脱出本を読もう!

シリーズ第二段

「人と会っても疲れないコミュ障のための聴き方・話し方」でございます。

こちらは、筆者による「僕はこの方法でコミュ障を脱出しました!」です。

「研究者による研究まとめ」ではなく、「筆者の経験まとめ」であるのは

第一弾とは違う点ですね。

第一弾はこれ。

 

www.takanikonikosblog.com

 

 

この本はコミュ障にやさしくない

こういう本の大抵のパターンは「あなたはそのままでいいんだよ」とくるのが

王道ですが、この本はいきなり

「コミュ障」だからと相手に伝えることは、自分にとっての一時的な

慰め以外のなにものでもない

と斬り捨てます。

おまけに

コミュ障アピールを続けたら、やがて「ちょっとめんどくさい人だな」

というような、おかしな違和感を不思議ではないでしょう。

さらに

「自分はコミュ障なんだから、人とうまく話せなくても仕方がない」

という考え方は、ただの言い訳に過ぎない。

容赦ねえな!

 

陽キャにもやさしくない

「コミュ障ってー根暗でーオタクでーキモくてー」で、

「いや俺陽キャだからー」とかが

俺の貧相なボギャブラリーにって脳内で会話が行われているのですが。

もしも100%「陽キャ」な要素しか持っていない人がいるとしたら、

その人のほうがよっぽどヤバい

君がのび太なら、ジャイアンと対峙した時にどう思う?

さて、一つのテクニックとして

苦手な相手の「優しい人」像を勝手にイメージする

というのが紹介されています。

ざっくり言うと

”「目の前のおっちゃん、怒鳴ってるけど家では肩身狭いのかもな」と

勝手に目の前と違う想像をする事で、人を受け入れやすくする”

というものなんですが…出来るかこれ?

例えば、自分がのび太になったとして、ジャイアンにからまれた時に

「ああ、ジャイアンも家に帰ったら怒られてるよなあ…」

なんてイメージ出来るか?俺はちょっと無理。

それはコミュ障なのか?

本の八割方が終わるころになって、コミュ障深刻度診断が登場します。

まあ診断と言っても、深刻度は3段階ですし、4項目で判断する程度なんですけど。

(もっと早い段階で出てこいよと思いますが!)

その項目の中に「会議やプレゼンについて」というのがあるのですが、

「会議やプレゼンで緊張するか」ってコミュ障関係なくないか?

それ、どっちかと言うとプレッシャーの領域だと思うんですが。

 

あ、プレッシャーに弱い人はこちらもどうぞ。

 

www.takanikonikosblog.com

 

www.takanikonikosblog.com

 

 

 

 

まとめ

時々突っ込みを入れたくなりますが、「コミュ障克服経験まとめ」であるのは

間違いないので、「どれが使えてどれが使えないか」考えながら読むべきですね。

場面ごとの対処法も書かれているので、「こういう時はどうも駄目」

という点だけ読むのもありでしょう。

 

 

 

 

 ↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング