takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】本番に弱いあなたの為に シアン・バイロック『なぜ本番でしくじるのか』感想。

広告

この記事をシェアする

シアン・バイロック

『なぜ本番でしくじるのか』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

本番に弱い?じゃあ強くなってしまおう!

もうちょっと詳しく

運動会の短距離走、習い事の発表会、入学試験、スポーツの大会、採用面接等、

「本番」って、聞いただけで緊張を呼び起こす単語ですよね。

そんな状況で緊張して散々な目にあう人もいれば、きっちり結果を出す人もいる。

その違いは何処はなぜだ?というところから始まった研究をまとめたのがこの本です。

 

www.takanikonikosblog.com

 こちらの本よりもより詳しく書かれています。

つまり、「本番」というプレッシャーに対抗するための研究ですね。

何故人は緊張するのか、緊張を引き起こす要因、対応策などがまとめられています。

 

ところが面白いことは他のことだった

会社のリーダーとしての経験が豊富な人ほど、部下を管理する能力は

下がる。

とか書いてあったら面白いとしか思えないですよ。

どう考えても世間と逆なんですから!

専門家がほかの人のパフォーマンスを予測しようとすると、

「専門知識の呪縛」につまづく。

何言ってるんだ?と思うでしょうが、すぐに分かります。

「子供が自転車に乗れるまでどれくらいの時間がかかるか?」という質問に

答えてみてください。

あなたは本当にその時間で乗れましたか?

技能の実行が上達するにつれて、それをどうやるかに関する

意識的な記憶は悪くなる。

変な話ですが、「上達するにつれて、やり方を忘れていく」んですね。

そうなると、「見て覚えろ!」「技を盗め!」というのはある意味当然の帰結という

事になります。

ゲーム脳になろう!

ちょっと前に、子供からゲームを取り上げる理由に「ゲーム脳」という単語

がありました。

某ゲームを大学生が毎日1時間づつ10日やった結果、記憶力と注意力が増したとか、

防空軍が別のゲームをやったら30%も上達したとか。

 

まとめ

上では本番に対する対策には触れませんでしたが、

スポーツや舞台、仕事等の場面毎にプレッシャー対策が書かれています。

とりあえず何でも良いから対策を!という人には

 

www.takanikonikosblog.com

 こちらをすすめます。

もっと具体的な状況に対してアドバイスが欲しい人には、

この「なぜ本番でしくじるのか」をすすめます。ただし、ページ数はこちらの方が

多いので、”すぐに”欲しい人には厳しいかなあ…。

「またやってしまった…なぜなんだ?」と悩んだ時にはいいかもしれません。

 

 

 

 

 ↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング