takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】ロシアンルーレット、あなたなら何円でやりますか? 木原直哉『東大卒ポーカー王者が教える勝つための確率思考』感想。

広告

この記事をシェアする

木原直哉

『東大卒ポーカー王者が教える勝つための確率思考』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

ポーカー王者が考える、確率と人生の勝算を教えよう!

もうちょっと詳しく

東京大学卒業と聞くと、もうエリート集団としかイメージできない中で、

「東大卒のポーカーのプロプレイヤー」という存在がすでに面白いですよね。

 王者になってるのだから、その世界では間違いなくエリートなのですが。

そんな人が教える、人生と確率についてのお話です。

「確率」と聞くとややこしい数学・計算を思い浮かべると思いますが、

そういうのはほとんどありません。

なので、「計算がややこしくなって途中で止める」ことは無く最後まで読めます。

 目からうろこが落ちる事がたくさんあるので、紹介していきましょう。

何円ならロシアンルーレットをやりますか?

ロシアンルーレットとは、「実弾を一発だけ入れた回転式けん銃を頭に向けて撃つ」

という「一定の確率で死ぬ」運だめしです。

ほぼ最悪の運だめしですが、あなたは何円もらえるならやりますか?

一千万円?一億?それとも一兆円?

これを考える事で、「残りの人生がどれくらいの価値があるか客観的に見積もれる」

と言っています。

これは考えもしなかった発想ですね。こういう事があるから本は面白いんです。

努力すれば勝てる?

「努力」についてもバッサリ斬り捨てています。

・努力だけではトップレベルには到達できない。

・練習量=結果ではない

としています。

ここまでならままある話ですが、ここからさらに斬り捨てていきます。

努力をしなければその位置に到達できないと思う事で、努力していない

自分を諦める口実にしたいだけなのです。

トップレベルの争いは、希有の才能に努力がプラスされている

のであって、努力だけで一流に到達できるほど甘い世界ではありません。

とか

よく努力こそが絶対的な価値と勘違いされてしまうのは、

プロの平均よりもはるかに低いレベルでの経験しかないからです。

などなど。

本当にバッサリですねえ。明日から努力しますか?

○子でビジネスに勝つ!←何を言ってるんだお前?

某古代中国の戦略家とか、群雄割拠の話とか、○主論とかのそういった歴史上の人物と

現代ビジネスをあてはめた本って意外とありあすよね。

それを、

ヒントにすらならない

とこれもバッサリです。

一番はっきりと否定しているんじゃないでしょうか。

「成功した人がたまたま好きだっただけ」と色んなところで起こる人がいそうです。

俺も読んだ事ありますけど、この様ですしね。

まとめ

「東大卒ポーカーのプロ」と聞くと最初は「へ?」と思いましたが、中身はやはり

頭の良い人の書いた本です。

確率という単語から想像されるほど、ややこしい計算もありません。

ロシアンルーレットの話だけでも読む価値があると思うので、ぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 ↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング