takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】とんでもないやつしかいねえ! 斎藤英喜『とんでもなく面白い「古事記」』感想。

広告

この記事をシェアする

斎藤英喜

『とんでもなく面白い「古事記」』

 

を読んだよ!

 

 

 なにやら日本の歴史について書いた本で炎上していたり、

「100歳以上生きてるとかないわー」って言ったらガキ扱いされたりと

ちょっとネットで話題になっていところで思い出したのがこの本。

さっそく読んでみたんですが、

マジでとんでもないな!

 

まあ昼ドラも刑事ドラマもびっくりな浮気・いじめ・殺人のがてんこ盛り。

(あれ?一応神様扱いだから殺神なのか?)

まあなんというか、

こんな先祖で大丈夫か?

と思います。

…あ、一般の日本人は古事記で殺し殺されてる方々の末裔ではないだろうから

別に良いか。

 

うん、やっぱりこれ単なる創作物だわ。

これをマジで信じて「天皇は神!」とか言うのは止めた方がいいな。

まあ何十年か前までは本当に信じていたから、その辺は教育の成果なのか

洗脳の結果なのか。

 

 

 

 

 

 ↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング