takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】いい加減に汚部屋から脱出したい! 村越克子・笠原恭子『汚い部屋から今度こそ絶対抜け出す本』感想。

広告

この記事をシェアする

村越克子・笠原恭子

『汚い部屋から今度こそ絶対抜け出す本』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

自分の部屋を綺麗にしよう!と思ったけど挫折したあなたの為の片づけ本!

もうちょっと詳しく

まずこちらをご覧ください。

f:id:takanikoniko:20181114214102j:plain

 

 

……

………

汚っ!掃除しよう!

という事で、今回この本にお世話になる事にしました。

 

なぜ片づけは長続きしないのか?

「いや、綺麗にしようと思ってるんだけど…」とか、

「綺麗にしたのにいつの間にか元通り…」なんてのはよくあるパターンです。

じゃあなんで「長続きしないのか?」ってなりますよね。それを、

生活や行動パターンに合っていない片づけは長続きしない

とあっさり。

ようするに、「ズボラな人が片付けだけキッチリとか無理」って事ですね。

とは言え、汚い部屋で過ごしたいわけじゃないのですよ。

その発想はなかった

片づけの話題で必ず出てくるのが「物を捨てる事」です。

「断捨離とかーなにそれー」な自分ですが、

モノが少ないと、適当に片づけても見栄えがいい?

「物がないなら汚くなることもないよね!」ってなんという逆転の発想…。

 100均は最終手段

片づけグッズや収納の話題で良く出てくる100均アイテムですが、

この本では最終手段扱いです。

せっかく片づけて物が減った部屋なのに、また物を増やすとは何事か!

というのもあるのでしょうが、

どうしても収納に取り入れたいのなら、断腸の思いでモノを減らした

我が家に迎え入れるのにふさわしい品質、デザインか、

厳しくチェックする必要があります。

とかなり厳しい。これはもう”買うな”レベルと言っても良いでしょう。

複数で入っていて余ったりすると、また汚くなりますしね。

まとめ

 

片づけの本としてはかなり分かりやすく、人間の心理を突いてくる部分も

多いので、結構役に立つ本ではないでしょうか。

最後の方には綺麗に保ち続ける方法もあるので、そちらも参考になりそうです。

大掃除する前にでも読んでみてください。

 

 僕の部屋が綺麗になったかどうかは別の話です!

 そんなにすぐに綺麗になったら悩まねえよ!

 

 

 

 

 

 

↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング