takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】もう人は毒から逃げられないんじゃないか? ラリー・D・ローゼン『毒になるテクノロジー』感想。

広告

この記事をシェアする

ラリー・D・ローゼン

『毒になるテクノロージー』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

 

コンピューター・スマホ・インターネットは、人にとって”毒”なのだ!

信じられないかもしれないがそうなのだ! 

もうちょっと詳しく

「コンピューターとかスマホとかインターネットは毒だ」

なんて聞いたら、「何言ってるんだこいつ?」と思われるかもしれません。

もしかしたら、「それはそうだそのとおり」かもしれません。

多分、多くの人は「何言ってるんだ?」でしょうが。

しかし。

テクノロジーと精神的疾患との間には具体的な相関が見られた。

たとえば、Eメールの送受信に多くの時間を費やしている人は、

自己愛性パーソナリティ障害の兆候と症状が多く見られる。

また、自己愛が強い人は、携帯電話での通話とメール利用が多く、

フェイスブックに自分の写真や近況を頻繁に投稿し、

テクノロジーを擬人化する

(車に名前をつける、GPSに話しかける、など)

率が高く、携帯電話やSNSをチェックできないときに不安を感じやすい。

思い当たる節、ありませんか?

 

この前の、

www.takanikonikosblog.com

  

に集中できなくなる原因の筆頭に挙げられていた「デジタル依存症」について、

詳しく書かれている本なのです。

あれ?通知が来たと思ったのに。

「スマホの通知が来たと思ったのに来てなかった…」

なんて事、ありませんか?これが”気のせい”ではなく、

幻想振動症候群(ファントム・ヴァイブレーター・シンドローム)

という現象だとしたらどうでしょう。

怖くないですか?

携帯電話から一定の距離をとると、メールも電話も受信していないのに

振動音が聞こえるようになった。

携帯電話をポケットに入れているときも同じだ。

メールも電話も受信していないのに、振動を感じ、

振動音が聞こえるような気がする。

まるで、携帯電話にからかわれているみたいだ。

SNSのアカウントは”自分”なのか?

「今日のランチ―」

「有名人にフォローされた!」

「こんなところで言うのもなんですが」

 

なんてのはSNSでよく見ますが、これ全部主語が”私”なんですよね。

(最後のは「別人の台詞」に見せかけてる時もあるかもしれませんが)

なので、基本的にSNSは「自己愛」が表面にでるメディアです。

そのため、中傷されたり炎上したりすると精神的にダメージを受けやすく

なります。酷い時には自殺の原因にもなります。

最近だとLINEのグループ外しとか既読スルーとかそうですよね。

(逆に、既読スルー”されて”キレる人は自己愛が強すぎる人扱いじゃないでしょうか。

それから、「いけなかった人の事も考えてください!」とか言う人も自己愛が強すぎる

タイプなんじゃないでしょうか)

じっと座っていられないのはゲームのせいか

「子供が座って授業を聞かない」というのは時々聞きます。

そういう時って決まって、テレビとかゲームのせいにされますよね。

この本において、

「子供が座って授業を聞かないのはゲームのせいか?」という疑問に対し、

「YES」と答えています。

実は、ビデオゲームに必要な集中力は学校の勉強に必要なそれとは

異なることがわかっている。

まとめると、

ゲームではプレイヤーに与えられる報酬が脳への刺激となり、

ドーパミンが放出される。ドーパミン - Wikipedia

学校の勉強では報酬が得られる事はほぼないため、ドーパミンが放出される事は

ほぼない。

つまり、学校の勉強に対して「報酬が得られない作業」であると脳が記憶してしまう。

ということになります。

別の見方では、

子供の脳が高速のゲームに反応し、、良い結果を出すために求められる

極度の警戒状態に慣れてしまうと、現実の世界が退屈で面白くないものだ

と感じるようになることが考えられる。

というのもあります。

 

少し前に日本ではやった「ハーバード白熱教室」のような授業が受けたのも、

このあたりが関係しているのかもしれません。

 

www.takanikonikosblog.com

 実際、デレステで遊んで終わったらなんか時間がゆっくりになった

感じがするんですよね。

 

まとめ

 

本に書かれている内容のうち、ざっくりと3つの事について触れましたが、

この他にも鬱との関係や、摂食障害との関連などについて書かれています。

「ネットがなければいいじゃない」と言えば簡単ですが、世の中は

もうそんなところまで引き返せないほどになっているので、

「現実的な付き合い方」についてアドバイスしてあるこの本は

おすすめです。

 

 

 

 

↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング