takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】これを読んでも潜在能力には期待できそうにない マリオ・アロンソ・ブッチ『ハーバード流自分の潜在能力を発揮させる技術』感想。

広告

この記事をシェアする

マリオ・アロンソ・ブッチ

『ハーバード流自分の潜在能力を発揮させる技術』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

これを読めばあなたも『自分の潜在能力を発揮できる!』

 

 

 

と筆者は思っているらしい。

 

もうちょっと詳しく

誰しも一度は

「本当はこんなもんじゃない」

とか

「俺はままだ本気を出していない」

とか

「変身をまだ○回残している」

みたいに思ったことがあると思います。

そんな「自分の潜在能力」を発揮するための本がこれです。

 

冷静に考えると、この時点で「ちょっと待てよ」となるんですが。

まあとりあえず読み進めていくと、ほうほうと思う部分もあって

「なるほどなー」と考えていたんです。

 

しかし、3割くらい進んだところで

左脳の働きをストップさせる時間を作る事で、

今まで知らなかった現実が見えてくる。

……

………は?

いくらなんでもそれは無理じゃね…?

これが例えば、「論理的に考える事を止め、直感に従おう」くらいならまだ分かる。

ところが

左脳の働きをストップさせる時間を作る事で、

今まで知らなかった現実が見えてくる。

 いくらなんでもそれは無理やろ!

人間が自分の意思で脳の動きを制御できるとかどうなってんだ!

そりゃこの世には事故や病気で左脳に障害を負って、右脳だけで生きてる人がいるかも

しれない。

でも、自分の意思で左脳を停止するとかどうやってやるんだよ…。

 

この時点で、残り7割は流し読み決定しました。

 

まあまったく何もないという事も無く、

集中力の主であれ。感情やエネルギーは集中力を向けた場所へ向かう。

集中力を注いだ場所が、あなたにとっての現実となる。

目標を達成するためには、自分にとって一番大切なことに

集中することが必要である。

とか、

「感情」ではなく「選択」に基づいて行動する事が、新しい現実を

開くことにつながっていく。

などは、まあまあ名言なのではないでしょうか。

 

まとめ

かなり最初の段階で「それはないやろ」っとバッサリ切ったので、

これを人に勧める気にはならないです。

一応読んだので、備忘録として公開しておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 ↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング