takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】黄砂は砂だけじゃない! 岩坂泰信『空飛ぶ納豆菌』感想。

広告

この記事をシェアする

岩坂泰信

『空飛ぶ納豆菌』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

納豆菌だって空を飛んでるよ!(ただし、他のものにくっついて)

もうちょっと詳しく

 

いくらなんでも「納豆菌が空を飛ぶ」なんて嘘やろ…と思ってました。

しかし、本当に飛んでいました。他のものにくっついてですが。 

この他のものにくっついてが重要で、この本の本当のテーマはこの

「他のもの」です。

「黄砂にのる微生物たち」がサブタイトルとされていますが、こっちが本命ですね。

もっと細かく言うと、黄砂を含めた「空気中に浮かぶ個体や液体の微粒子」である

「エアロゾル」がメインです。

そこに大気、研究手法の話などが合わさって一冊の本となっています。

ぶっちゃけ納豆菌の話なんてほとんど出てこないです。

それを期待して読むと、外れを引いたと感じるでしょう。

 

それでも、「黄砂に微生物がくっついて飛んできている」という事だけでも

驚きだと思います。

オゾンホールについての話も興味深いので、大気汚染について考える時にでも

どうぞ。

 

 

 

 ↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング