takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】あなたは”どれで”死にたいですか? マイケル・ラルゴ『死因百科』感想。

広告

この記事をシェアする

マイケル・ラルゴ

『死因百科』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

アメリカ人の死因をひたすら調べてみたら、こんな理由で死んでいた!

もうちょっと詳しく

 

「死因」と書くと、病死を始め「○死」という単語を思い浮かべるでしょう。 

しかしこの本で書かれている「死因」は少し違います。

死にかかわる事をユーモアやブラックジョークで紹介しています。

なにせ一番初めの項目が「アイスクリーム」ですからね。

では、気になった項目をいくつかご紹介しましょう。

アイスクリームは恐ろしい。

第一項目である「アイスクリーム」です。いやはや恐ろしい。

移動販売車の縄張り争いで人死にがでて、移動販売車に買いに行こうとして交通事故にあい、虐待目的の商売人がいる。おまけに手作りアイスクリームに使われた卵で

サルモネラ菌に感染して死ぬ。

あ、アイスクリームとは何と恐ろしい食べ物なのか。

極めつけはアイスクリームを取り上げた父親のコーヒーに殺鼠剤を入れ、それを飲んだ父は死に、その1ヶ月後にアイスクリームを取り上げた母親にも同じ手口で犯行に

及んだ”8歳の女の子”までいるとは!

おお、やはりアイスクリームという食べ物は悪魔の食べ物ではないのか!

君の頭をダンクシュート!

項目としては「バスケットボール」として載っています。

そもそも「バスケットボール」を死因扱いしていいのか?と思いますが、

そこはアメリカらしいですね。

とはいえ、2003年だけでも65万人以上のけが人を出すスポーツです。

当然、死人も出ます。認可されたコートでは「突然死」が多いらしいですが、

屋外コートや街中の練習場では「窒息死」が多い。

これは子どもたちが「ダンクシュート」に挑戦してゴールネットに

首を引っかけてしまうからだ。

笑って死ぬ!

「笑い」と寿命は研究されていて、笑うと寿命が延びると信じられています。

が、「笑いすぎて死ぬ」というのは本当にあります。

精神障害の一つに「理由も無く笑ってしまう」というのがあり、

笑いすぎて脳に酸素が届かなった結果、脳細胞が破壊されてしまうのです。

笑いすぎないように!

まとめ

これ以外にも、ちょっと笑ってしまうものから(ちょっとくらいなら笑っても大丈夫

だよね?)真面目なものまでたくさんの項目がのっています。

「たまごっち」も載ってますしね。

冷静に考えたら、「そんなのを死因扱いするなんてありか?」と

言いたくなりますが、そこがこの本の一番おもしろいところですね。

ネタ本としても優秀だと思うので、アイデアに詰まった方にもお勧めです。

 

 

 

 ↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング