takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】自分は簡単に変えられる訳ないだろう! マーシャル・ゴールドスミス『トリガー 自分を変えるコーチングの極意』感想。

広告

この記事をシェアする

マーシャル・ゴールドスミス

『トリガー 自分を変えるコーチングの極意』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

自分を変えるのは難しいけどやってみよう!

もうちょっと詳しく

自己啓発本はいっぱいありますが、「○日でできる!○○」とか「これさえやれば!」

みたいなのも結構あります。この本では「大人の行動改善は難しい」としたうえで、

改善するための仕組みをつくる事に全力を注ぎます。

大人の行動改善は難しい

著者は、大人が行動を改善する事の難しさをこう書きます。

大人が行動を変えることは、生きとし生けるものが達成しようとする

事の中で、もっとも困難であるとすら言いたい。

ここがこの本と他の本を大きく違う点ではないでしょうか。

同時に、そこまで複雑な方法を取らなくても可能だとも言っています。

しかし。

シンプルだからといって、簡単なわけではない。

何故行動は変わらないのか?

 著者は、行動が変わらない理由を15個あげています。個人的にあるあるだったのが、

・今日は特別な日だ

・誰も私の事を気にしない

ですね。その他にも

・私は意志が強いから誘惑には負けない

・私は疲れを知らない、熱意が消える事もない

などもありました。他のは読むと図星すぎるので、ぜひ読んでたしかめてください。

計画は完璧だ!だが…

「一日に○○歩を歩けば、○○日後には○kg痩せられる!」

という計画を立てたけど、上手くいかないという人向けの章もあります。

「うまく計画どおりにいかないなあ…」とお悩みの人対して、ばっさりと斬ります。

一日がすべて計画どおりにいった試しがあったか?

一人の人間には「計画する人」と「実行する人」が同居していて、

計画する人としては優れているが、実行する人としては劣る

計画倒れして当然なのです。

 

まとめ

「何故人は変わらないのか?」から始まり、「変わるための仕組み」の作り方など

丁寧に書かれている本です。文体は読みやすいですが、毒舌成分もあるので

柔らかーく言ってほしい方にはちょっとおすすめしにくいかなあ。

まあお寿司のワサビくらいの感じなので、ほとんどの人は大丈夫でしょう。

 

 

 ↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング