takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

「目標を達成したらご褒美」作戦は無職には効かない。

広告

この記事をシェアする

世間には「目標達成」に対するアドバイスがあふれている。

だいたいは、

 

目標を明確にしなさい。

 

期限を明確にしなさい。

 

そして、

目標を達成したら自分にご褒美をあげなさい。

 

である。

上二つはまあ、いいだろう。だが、最後のやつだけは絶対に利かない。

何故か。

自殺行為だからである!

 

そんなわけないだろうって?

じゃあ、ご褒美を貰えるとしたら何が欲しい?

服?

豪華なランチ?

美味しいスイーツ?

本?

ゲーム?

映画?

 

…それ、お金を使わずに手に入りますか?

 

そう。

無職で収入がない状態なのに、ご褒美でさらに出費とか自殺行為だろう!

もちろん、「ご褒美がないとやらないの?」という意見もあるだろ。

はっきり言おう。「その通り!」

ご褒美がなきゃやってられるか!

そして大抵の場合「ご褒美がなければやりたくない」という行為は苦行である。

やっても苦行、達成しても苦行、これでやりたいわけがない。

出費を抑えるという点に置いて「ご褒美作戦」はまったく役に立たないのでる。

しかし、目標達成のアドバイスは必ず「ご褒美」を設定させる。

ここでご褒美や目標の設定を誤ると、達成する前に財布が空になって死ぬ。

最大のご褒美は「目標を達成する事」なのだが、そこに至るまでにが自殺行為なのだ。

 

ここで、節約や「終わるまで我慢」とか「多分買えないから諦める」事に

慣れていると、

「目標を達成できないと貰えない→そもそも貰えないものだった」

という思考ルートをたどる。

最終的に「どうやったって手に入らないものののために頑張る理由がない」

という結論にたどり着くので、目標達成しようとすらしなくなる。

これもまた自殺行為だと思う。

 

じゃあどうすればいいのかって?

 

それが分かる奴ならそもそも無職じゃないと思うけど?

 

無職歴1.5年の俺には分からんよ。