takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】人は何故無気力になるのか『無気力なのにはワケがある』感想。

広告

この記事をシェアする

大芦 治

『無気力なのにはワケがある』

 

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

人は何故無気力になるのか?

もうちょっと詳しく

「やる気がない~」「何もしたくない~」とはよく言ったり聞いたりします。

その状態を「無気力」という事が多いですね。

そんな「無気力」に注目し、心理学の「学習性無力感」という言葉を

中心に解説していく本です。

 

このタイトルで手にする人は、自分が無気力なのでやる気を出したい人が

ほとんどだと思います。

しかし、全体としては理論や歴史の話にかなりの量が割かれているので、

「やる気を出す」等の目的のために読むにはちょっと違う感じがします。

そういう人は最終章だけで十分でしょう。

 

あんまりおもしろくなかったのでこの辺で終わりにします。

 

 

 ↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング