takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】名言しか存在しない『若き商人への手紙』と『人生を幸せへと導く13の習慣』感想。

広告

この記事をシェアする

ベンジャミン・フランクリン

『若き商人への手紙』

『人生を幸せへと導く13の習慣』

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

アメリカ合衆国建国の父、そして人類の友と呼ばれた男の成功哲学とは何か。

もうちょっと詳しく

アメリカ合衆国建国の父と呼ばれる政治家・外交官である一方で、

雷が電気である事を発見した発明家でもある人です。

おまけに出版・印刷業もこなすとか多才過ぎるだろこの人。

ベンジャミン・フランクリン - Wikipedia

そんな人がまとめた、若き商人への助言と自分が目指した13の目標についての本です。

 

どこを見ても名言しか載っていないので、例として挙げ始めたらきりがないため

一つだけ。

 

トラブルは怠ける事から起こり、耐えがたい苦しみは、

何もしない無用な生活から生まれる

「若き商人への手紙」に収録されている「富への道」の中の一文ですが、

心に刺さってつらい…。

 まとめ

様々な事に対する名言は「若き商人への手紙」、

ざっくりとした哲学としては「人生を幸せへと導く13の習慣」

の方を勧めます。

どちらも難しい言い回しなどは無く、スラスラ読めますので

気分転換にどうぞ。

 

 

↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング