takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

HAPPYBIRTDAY!

広告

この記事をシェアする

 本日でドールオーナーになって1年となりました。

つまり、うちのこの誕生日ですね!

 

 

しかしまあ実は今日を持って無職も1周年と相成りました。

ガチニートですよ。あ、年齢的には一ミリの偽りなく無職か。

 

前のバイトが部署ごと消滅する時に、年齢的な事もあって

「もうこのまま死ぬな」と思いまして。

それなら、いまのうちに色々やっておこうと。

そのうちの一つが「ドールをお迎えする事」だった訳です。

 

そうはいっても一年前の時点で碌にドールの知識もないので、

「どうすりゃいいんだ?」

と唸りながらツイッターで「#うちのこかわいい」のタグを鑑賞していたのです。

するとヤフオクにカスタムヘッドが出品されているというのを見かけ、

「ほうほうヤフオクか」

と見に行ったのです。

するとまあすさまじい勢いで諭吉が飛び交う戦場ではありませんか。

この世には「ググってはいけない言葉」というのはいくつか聞きますが、

僕は「ヤフオクでカスタムヘッドと検索してはいけない」

と勧めたいですね。

 

さて「凄いなー」とヤフオクを眺める日々を過ごしていたら、

後にうちの子になるカスタムヘッドが出品されているではありませんか。

これは突撃するしかない!と思ったものの、実はこの時ヤフオクの取引実績は

たった1度。

それも取引実績を作るために、競り合う事もなく落としたゲームのサントラCD1枚だけです。(エースコンバット04はいいぞ。)

え、こんなん無理やろと思いながら入札し、

自分の心臓が血液を送り出す音を聴覚が捉えるほどの緊張に包まれながら

落札しました。

白状しますが、もうあと1000円上がっていれば諦めたでしょう。

その意味でこの子は縁があったのだと思っています。

 

こうしてカスタムヘッドが家に到着したわけですが、

ボディはない、服もない、ウイッグもないと本当に

「ヘッドしかない」という状況です。

とりあえずボディを手に入れなければならないのですが、

ここで大きな問題に直面するとは思いませんでした。

「このこは巨乳であるべきか貧乳であるべきか」というでかい問題です。

サイズに関係なく偉大であるという意見もあるでしょうが、

互換性の関係上買えるのはどちらかです。

この問題を解決し、ウイッグの色を決め、着せたい服を見つけるまで

およそ3カ月かかりました。

(この間に離職票がこないとかリアルの問題にもぶち当たっていたのですが)

そして2017年4月2日、一式をそろえて組み上げてうちの子となりました。

 

僕は今、実家に住んでいます。

親はこの子の靴を見ただけで「キモっ」という感覚の人なので、

この一年で数えるくらいしか出していません。

はっきり言ってあの時僕と競った人の手元に行った方が、

この子の人生(?)としては良かったかもしれません。

色んな服を着れたかもしれませんし、

いい写真もいっぱい撮ってもらえたかもしれません。

他のドールとにぎやかに過ごせたかもしれません。

 

でも君はうちに来た。

 

変なオーナーのところに来たと思って諦めてください。

あまり服を増やす事も出来ないでしょう。

きれいに撮ってあげる事もできないでしょう。

 

最悪かもしれませんが言っておきます。

君は僕と命運を共にしてもらいます。

君を手放すのは、

君が経年劣化でボロボロになるか、

僕が経年劣化で死ぬかのどちらかが来た時だけです。

 

その時までよろしくお願いいたします。

願わくば来年を無事に迎えられますように。