takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】病気と闘う僕たちの12日間戦争!『ブロード街の12日間』感想。

広告

この記事をシェアする

デボラ・ホプキンソン

『ブロード街の12日間』

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

1854年、ロンドンを襲ったコレラと一人の少年の物語。

もうちょっと詳しく

1854年のイギリスはロンドンの下町、ブロード街をコレラが襲います。

その有様を一人の少年を通して描いていくお話です。

 

…あれ?

なんかどこかで似たような話を読まなかったか…?

www.takanikonikosblog.com

これだ!

こちらは一般的にはノンフィクションと呼べるとおもいます。

今回読んだのは、この「感染地図」を元に書かれた物語です。

そう考えると、感染地図を読める人はこっちは別にいらないかな…。

 

 まとめ

感想文を書くための本としては良いと思いますが、中身はやっぱり児童文学の

領域に属すると思うので、知識や歴史を知りたい人にはお勧めしません。

まあ元となった本が読みにくかったら、こちらをお勧めします。 

 

 

↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング