takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

【書評】俺たちに憲法を守る義務はない?『伊藤真の憲法入門』感想。

広告

この記事をシェアする

伊藤真

『伊藤真の憲法入門』

を読んだよ!

 

  

ざっくりまとめ

憲法とは何かをがっつり解説してくれる本

もうちょっと詳しく

司法試験対策などの講座を行っている予備校「伊藤塾」の設立者でもある、

伊藤真さんによる憲法解説本です。

そのため、「入門」といってもぬるくは無いです。

しかし、文章の読みやすさはさすがですね。

考えながら読む本ですが、すらすらと読んでいけます。

憲法の最大の目的とは何か?

憲法は何のためにあるのか?

憲法の最大の目的とは人権の保障です。

国家が人間の権利や自由を法律で制限しようとした時、

それを制限するために憲法があります。

憲法を尊重し、守らなければならないのは誰か?

憲法第99条に

天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、

この憲法を尊重し擁護する義務を負う

つまり、憲法に従わなければならないのは国家なのです。

個人の尊重とは

 社会のために個人が犠牲になってはならないという価値観=個人の尊重

この考え方が憲法の価値観です。

故に、色々と揉めるのですが…

何故表現の規制はよくないのか

良く炎上しているのを見る「表現の規制」。これについても解説されています。

 

だめな法律ができる

新聞・テレビとかで「あれはだめだ」と表現する

それを見て、だめな法律を作った議員を落選させる

ましな議員を当選させる

最初に戻る

というのが、民主主義の基本的ルールなのです。

表現を規制すると、このループが壊れてしまいます。

すなわち、民主主義のルールが壊れるのです

だから、表現の規制を簡単にしてはいけないのです。

 まとめ

 

憲法って中身を読んだ事もないですし、読んでも何が何やらさっぱりわからない

と思うので、こういった入門を読む事をお勧めします。

改正も話題になっているので、一度読んでみてはどうでしょうか。  

僕が読んだのは古いので、新しい方はこちら

↓ブログ村参加してます。クリックしてくださるとうれしいです。

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

 


本・書籍ランキング