takanikoniko’s blog

無職の僕がいろいろやるブログ。

それは圧倒的な死と造形 「BONES」と「REAL BONES」を読んだよ!

広告

ガチニート時代に読みたかったけどお金がなかった本シリーズ第29弾

「BONES」「REAL BONES」

を読んだよ!

 ざっくりまとめ

モノクロ写真で撮影された動物の骨格写真を収録してあるよ。

もうちょっと詳しく

湯沢英治さんによる、動物の骨格標本を撮影した写真集です。

eiji-yuzawa.com

最初に出版されたのが「BONES」で、その次に別の本を一冊はさんで「REAL BONES」のようですね。

「BONES」の増補改訂版が「REAL BONES」と言って大丈夫でしょう。

かなり増量しているので、単純に増補改訂というのも少し違いますが。

 

さて中身ですが、9割が骨格標本のモノクロ写真で残りが標本に対する解説です。

ひたすら骨です。これでもかと骨の写真が続きます。

博物館とか行くのは好きなので骨格標本とかもよく見るんですが、この本にある写真はそういう「展示されている標本」とは違い、明らかに「死」を連想させます。

写真の色のせいもあるでしょうが、「生きていない」という事を実感します。

 

なんというか、読んでいるというか見ていると「恐怖」を呼び起こされますね。

 

「骨」に耐性のある人はどうぞ。無い人は全力回避をおすすめします。