takanikoniko’s blog

無職の僕がいろいろやるブログ。

そのクイズは人生を破壊する「ザ・クイズショウ」を読んだよ!

広告

ガチニート時代に読みたかったけどお金がなかった本シリーズ第26弾 

ザ・クイズショウ

を読んだよ!

 

 ざっくりまとめ

テレビ番組「ザ・クイズショウ」。七問のクイズ番組を解けば賞金1千万。

そしてその1千万と引換えに8問目に挑み、正解すればどんな夢でも叶える事が出来る。

ただし、出題される問題は、解答者がその夢を抱くに至った過程をあぶり出していく。

もうちょっと詳しく

ウイキペディアによると、2度テレビドラマとして放送されています。

僕がこの本を知ったのは2度目が放送されるタイミングですね。

ほとんど見なかった記憶がありますが。

ザ・クイズショウ - Wikipedia

 

クイズを1問答える度に賞金がもらえ、7問正解すれば1千万円。

1千万円てすごい金額ですねえ。年収2・3年分くらいですか。

そしてその賞金をチップにして最後の8問目に挑み、正解すればどんな夢でも叶うというテレビ番組「ザ・クイズショウ」。

お話は番組プロヂューサー、司会、6人の解答者を巻き込んで進みます。

解答者は番組側が入念にリサーチしたうえで招待されているので、そのチョイスには何らかの「意図」があるわけです。

そこにプロデューサーの思惑、司会者の過去、解答者との関連性がからみます。

 

 

 

面白くて一気読みしましたが、メインとなるプロデューサーと司会のストーリーがそこまで重要に思えなかったです。

どうしてもクイズ解答のシーンが量的に多いので仕方ない気がしますが…。

そのため、読み終わるって「結局何だったんだ?」という印象が残りました。

 

全体的にはミステリーや推理物に分類されると思いますが、あまり頭を使いたくない時に軽く読むにはおすすめします。