takanikoniko’s blog

無職の僕がいろいろやるブログ。

「非常識な本質」 を読んだよ!

広告

 ガチニート時代に読みたかったけどお金がなかった本シリーズ第四弾

非常識な本質

を読んだよ!

中身のざっくりまとめ

物事には思考における「盲点」が存在する。それは常識的な考えではたどり着けないが、本質でもある。ゆえに「非常識な本質」である。

もうちょっと詳しく

 この本を書いたのは水野和敏さん。この名前を見て、あの人とわかる人は車好きなんだろうなあ。日産でGT-Rを作った人です。

この本は自伝的な部分もありますが、車好きでは無い人にもかなりの部分で「そんなのありか!?」「え、そうなの?」と思わせてくれます。

1人で3人分の仕事をするとか、予算・人員をガッツリ削るとか普通しませんもん。

外国で日本の車が売れているのは「安くて壊れない」から低所得者層に売れているというのも新鮮でした。

最高馬力・最軽量の車ではレースに勝てないとか、車好きの人はびっくりするんじゃないかなあ。

小題の「公式書類の定説はつねに嘘だと思え」とか、思わず「おい公式ー!」って言いましたもん。

 

車好きでない人はびっくり、車好きな人はもっとびっくりする事がいっぱいの本です。

面白かった!