takanikoniko’s blog

無職の僕がいろいろやるブログ。

OSAKA手作りフェア に行ってきたよ!

f:id:takanikoniko:20170910182509j:plain

行ってきたよ!

 

9月8日・9日と開催されたOSAKA手作りフェアに行ってきました。

僕は9日土曜日に参加です。なんと入場無料なんだぜ!

主催者のサイトはこちら。

osaka-tedukuri.com

開催内容としては、企業のバーゲン&作家さんの出展&ワークショップと

盛りだくさんです。
www.takanikonikosblog.com

 こっちのイベントと比べると、企業の方が多いですね。

開催場所は駅から少し歩くので、この季節でも暑かったです。

会場に入ると来年の招待状が欲しい人は住所と名前を書くスペースがありましたが、招待状がいらない人は書かなくても入れます。

 

で、中の様子ですが・・・戦場だった。

さすが土曜日、人が多い!なによりおばちゃんが多い!

うん、ほんとスーパーのタイムセールとか市場の特売品を狙う勢いで

おばちゃんが多かった!

これはあれだ、獲物を狙う猛者の集いってやつだ・・・。

すっかり気おされて、会場を1週した程度で離脱してしまいました。

まあ予算もなかったけどな!

 

安い素材が欲しい!色々なワークショップに参加したい人は、

こっちのイベントをすすめます。

 

色々な作家さんの作品が欲しい!という人は、アート&手作りバザールをすすめます。こちらは入場料が必要なので、気をつけてください。

今月開催予定なので、気になる人はどうぞ。

www.tv-osaka.co.jp

 

 

 

クロスバイクにペダルストラップを付けてみたけどこれは大変だ!

俺は今、ジャイアントのESCAPE R3に乗っているのですが、
www.takanikonikosblog.com

 今度「FRANCY JEFFERS CAFE」さんに行こうと思いまして。

 

 ここはまだ行った事ない地域&距離の為、

膝の負担を減らしつつ加速しやすくなるものは無いかと探していたらペダルストラップという物を発見したのです。

しかしそこは無職。

あまり高いのは買えず、Bazooka ワイドストラップを買ってみました。

大前提として、ストラップを付けられるペダルじゃないと駄目

なので、この点は

 

www.takanikonikosblog.com

 ここで壊れて交換してよかったですよ。

 

で、着けて見た結果。

これは大変だ・・・っ!

大変なポイントその①足を乗せられない

今回買ったものは、ペダル着けた後で輪を作りその中に足を入れるタイプなのですが、

「足が上手く入れられない」のです。

今までならペダルの上下なんか気にせず足を置けば良かったのですが、ストラップを着けたことで重量のバランスが崩れて輪が下を向いてしまうのです。

そうなるとすんなり輪の中に靴が入る筈もなく。

気がついたら裏側を踏んでいたという事態に陥ることたびたび。

いきなりスタートで躓きました。

大変なポイントその②足が離れない

足をペダルに固定するものなのでそう簡単に離れても困るのですが、今までは何も考えず離れていたものが、「輪から足を抜く」という動作が入ってしまった為にこけそうになることたびたびです。

これは信号の多い街中では致命的です。

 

現在

「街の中を走る分にはいらんかった」と後悔中です。

実際に距離を走ればまた違う感想も出るかもしれないので、走ったら書きますね。

 

 

 

「フランクル つらいときに力をくれる100の言葉」 を読んだよ!

ガチニート時代に読みたかったけどお金がなかった本シリーズ第十弾

フランクル つらいときに力をくれる100の言葉

を読んだよ!

 ざっくりまとめ

フランクルの名言を100個抜粋したよ!

もうちょっと詳しく

フランクルとは心理学者の人名です。フロイトとアドラーから学び、

独自の心理学を確立した人です。

「夜と霧」の作者として知られています。

その方の著作から名言を集めて、著者がエッセイを引っ付けたのがこの本です。

確かに名言なのですが、いくつかは「これが力をくれるのか?」と突っ込みを入れたいです。

「時間はたっぷりあるのに、何に時間を費やしたらよいかがわからない」

とか言われても「はあ?」としか良いようがありませんね。

タイトルに偽りありと言えるほどではないので、何か悩んでいる人は読んでみるといいですよ。

個人的にツボだったのは

「自己実現を目標としてはならない」

「自分自身に絶望する、

それは絶望すべき人間でない証拠だ」

この言葉は『それでも人生にイエスという』という本に載っている

そうなので、読みたい本に入れておきます。