takanikoniko’s blog

本とお出かけと時々ドール。

最後はいらなかった。 羽生善治「決断力」 感想。

ガチニート時代に読みたかったけどお金がなかった本シリーズ第40弾

羽生善治「決断力」

を読んだよ!

 

 

どうして読もうと思ったのか?

 

自分は「これ買おうかな?」「ここ行こうかな?」「ここ応募しようかな?」

って迷っているうちに売り切れ・閉店・募集終了という事が多くて、チャンスを逃してる感じがするんです。

これは俺に決断力がないからだ!決断力をつけよう!と思ったので読んでみました。

ざっくりまとめ

決断は勇気を試されることである。

もうちょっと詳しく

 棋士の羽生善治さんによる決断力、ひいては勝負について書かれたエッセイ集です。
個人的に覚えておきたいのは、
  • 勝負どころではごちゃごちゃかんがえない。
  • 決断は、怖くても前に進もうという勇気が試される。
  • 情報は「選ぶ」より「いかに捨てるか」
の3っつですね。
僕にとって最重要なのは2つめの「決断する勇気」ですね。
 
こうして「なるほど」と思う一方で、「何故入れた」と思うのが一番最後の
将棋の歴史には、日本が世界に誇れる知恵の遺産がある
という節。これは才能について書かれた章の一番最後であり、本全体の最後でもある部分になります。
ここだけが才能についてでもなく勝負についてでもない、ただ日本と将棋を褒めているんですよね。
どうして最後まで才能や勝負について書かなかったのか不思議です。
 
さて本全体としては、説得力もあるしタイトルに偽りなく決断する力について書かれているのでお勧めです。将棋を知らなくても読めますが、知っている方がより深く読めるでしょう。

先に金を上げるか、王が寄るかの違いである。

 これを理解しようと思ったら、将棋を自分で指すしかありませんね。

もっとも、意味が分かるようになってから読むよりは先に読む方をお勧めします。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

日本を知るために読む 孔子「論語」 感想。

ガチニート時代に読みたかったけどお金がなかった本シリーズ第39弾

孔子「論語」

を読んだよ!

 

どうして読もうと思ったのか?

面接とか落ちまくっていたときに、日本人の精神的バックボーンを研究しよう

と思った時に選んだんですよね。

今回無職になったので挑む事にしました。

ざっくりまとめ

孔子が考えた人として、君子としての生き方とは何かを記した本。

もうちょっと詳しく

「子曰く」で有名な論語です。

知られている通り、「先生が言われた」がひたすら出てきます。

それ以外にも「門人(弟子)の○○が言った」「○○が尋ねた」と同じような文で始まって読むのに忍耐力がいるかと思いきや、一節が短いので予想よりもすんなり読めます。

現代語訳を読んだので、訳し方が良かったのかもしれません。

形式的には間違いなく「名言集」と言っていいでしょう。

 

書かれている内容は現代日本にも当てはまる事が多く、日本の分析としての目的は多少は果たせました。

 

と同時に、読む側の精神をガリガリ削っていきます。

父母には病のこと以外で心配をかけないようにせよ

とか

四十五十の年になっても評判が立たない人はもう畏れるまでもない。

とか。

 

これとは別に、ブラック企業の常套句みたいなものもあります。

若い門人が「どうすれば職に就き報酬を貰えるようになるのか」を尋ねた時、

人間的成長それ自身の中に、すでに報酬があるといえる

とか

主君の下で仕事をするにあたっては(中略)報酬や待遇のことは後回しにするべきだ。

とか。

 

この本を読んで「あるべき姿」を見つけることは出来ても「するべき行動」

を見出すのは難しいでしょう。

理想論の総まとめとは言いすぎかもしれませんが、孔子が政治の世界で重用されなかった事を不思議には思いませんね。

 

書かれている分量から取捨選択は必要ですが、現代では全く通用しない内容ばかりではないので、一読をお勧めします。

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村

会社の黒字を信じるな! 粉飾決算企業で学ぶ実践「財務三表」の見方 感想

ガチニート時代に読みたかったけどお金がなかった本シリーズ第38弾

粉飾決算企業で学ぶ実践「財務三表」の見方

を読んだよ!

 

何故読もうと思ったのか?

だいぶ前に「1回くらい株買ってみよう」と思ったんですよね。

で、その時に色々見てたら「これ読んどけ」という本として紹介されていたので

読みたい本のリストに入れておいたんですよ。

 

読んだざっくり感想

会計が信じられなくなった!

 

もうちょっと詳しく

まず「財務三表」とは会社の経営状態を示す以下の3つを指します。

  1. 貸借対照表
  2. 損益計算書
  3. キャッシュフロー計算書

この他に株主資本等変動計算書についても本では解説されています。

もうややこしいですねw僕も全然理解できませんでした。

とりあえず理解できたことは粉飾決算は意外と簡単ということですね。

これでもかと利益の増やし方、損失の削減のしかたが書いてあります。

ただし全て書類上の為見た目だけ!

 

とりあえずこれだけは覚えておいた方がいいと思うのは

利益の捻出は問題会社、

利益の抑制は優良会社

これですね。

儲かって無いからなんとか利益が出るように操作する、

儲かってるから支払う税金を減らすよう利益を減らそうと操作する。

…日本の会計って緩いなあw

 

会社の黒字は良い事なんですが、簡単に信じられなくなりました。

 

 

 

 

にほんブログ村 本ブログ 読書日記へ
にほんブログ村